学校法人 同朋学園 同朋高等学校

基礎学力検定

基礎学力検定(通称:基礎検)とは

kisoken本校では学習をスタートさせるにあたり、授業を受ける上での土台となる基礎的な学力の養成を目指して、英語・数学・国語の検定試験を行います。第5級からスタートし、順次第1級まで合格すれば高校での授業の準備が整ったことになります。

「基礎検」の目的

kisoken2学校生活の中で最も多くの時間を過ごすのは「授業」です。しかも、高校の授業は皆さんが小・中学校を経て今日までに培ってきた「基礎学力」を土台としています。そのため、高校に入るまでにしっかりと準備ができていない人にとっては授業が「長く辛いもの」になってしまうことでしょう。「英語の過去形からわからなくなった!」、「数学の因数分解が苦手」など、中学時代にやり残してしまった部分を克服し、授業を受ける上での基礎力を養い、学ぶことを楽しみ、自分の将来を豊かなものにしていくことが、この「基礎検」を行う最大の目的です。

合宿形式での取り組み

kisoken3本校では、4月下旬に『フレッシュマン合宿』(1年生対象)を1泊2日で実施しています。学校を離れ、共同生活を通じて、伝統の継承や仲間意識の育成を目指しますが、「基礎検」も大きな柱として設定されています。集団で集中して取り組むことで学習に向かう雰囲気が次第に高まっていきます。

PAGETOP