学校法人 同朋学園 同朋高等学校

語学系エクステンション・プログラム(語学系EP)

グローバルな人間を育てるプログラム

english1ネイティブスピーカーによる実践的な英会話講座

ネイティブスピーカーの先生と、グループ学習形式で週2回実践的な英会話の学習を行います。コミュニケーション能力を身に付けることや、英語検定2級以上に合格できる力の育成を目指します。

夏休み語学研修ホームステイe-ep2

夏休みの16日間、オーストラリア・クインズランド州ブリスベン郊外のユニティカレッジに通学する生徒宅にステイします。1家庭に1人ずつステイするので、家族の一員として過ごすことができます。
どこまでも広がる青い空、広大な緑の大地、エメラルドグリーンに輝く海。そして、人間と自然がうまく共存する快適な環境で、”生の英語”に触れるだけでなく、主体的に英語と関わることで、英会話の上達だけでなく、豊かな国際感覚を身につけることができます。

Date Morning Afternoon
初日 空路オーストラリアへ
2日目 到着後Sunshine Coaste, Caloundraへ
学校到着後、ホームステイ・オリエンテーション、ホストファミリーと対面
3日目 ESL英語授業 キャンパスツアー
4日目 ESL英語授業 現地校の日本語クラス訪問
5日目 オーストラリアン・ズー1日観光
6日目 ESL英語授業 現地校の日本語クラス訪問
7日目 ESL英語授業 現地校のバディクラスを訪問
8日目 終日ホストファミリーと過ごす
9日目 終日ホストファミリーと過ごす
10日目 ESL英語授業 現地校の日本語クラス訪問
11日目 ESL英語授業 アボリジナルワークショップ
12日目 水上バスによるブリスベン川クルーズ、サウスバンクと博物館
13日目 ESL英語授業 現地校のバディクラスを訪問
14日目 ESL英語授業 パーティー準備
修了証書授与とさよならパーティー
15日目 終日ホストファミリーと過ごす
16日目 早朝学校集合、空路名古屋へ

ホームステイ生徒感想

australia2言葉より大切なもの

私がオーストラリアで学んだこと…それは何と言っても人との触れ合いです。出発する前は言語の不安や生活習慣の違いの中で上手くコミュニケーションがはかれ るのだろうかという思いでいっぱいでしたが、言葉が通じなくても伝えようという気持ちさえ自分の中にしっかりと持ち続けていれば、気持ちは伝わるのだとい うことを知りました。日本人は恥ずかしがり、自分の主張を直に相手にぶつけることに対して、強い抵抗を持ちがちですが、自己主張の意識が高いオーストラリアでは言わない方が逆に失礼にあたる価値観の違いは、現地に行って初めて私が感じたことでもあります。

第2に私が感動したことはオーストラリアならではの広大な自然です。毎日都会の中で暮らしている私には「空が広い」「空気が澄む」など想像もできませんでした。都会に限らず家が密集して電線がはり巡らされている日本では考えられない感覚だと思います。

「空がキレイ」と思えることは幸せなことなのだと心の底から感じました。

australia3その反面、地球温暖化などが影響しオーストラリアでは干ばつの被害が深刻化してきています。雨が降らなく、植物が枯れ果て、噴水ですら止められてしまってい る現状を目の当たりにして、驚きと同時に寂しさを覚えました。人々の飲み水や生活用水の使用でさえ制限される事態に陥っているオーストラリア。このまま進 行すれば、オーストラリアのきれいな景色を見ることが困難になるのも時間の問題かもしれません。そのためにも環境問題は他人事ではなくて、小さなことから コツコツと考えて実践していく必要があるのかなぁということを考えさせられました。

最後に、このホームステイプログラムに参加でき、自分自身成長することができたと思います。今まで遠い想像の世界ですらなかったオーストラリアに実際に滞 在することができ、私の海外に対する価値観が、ガラッと変わりました。苦難や喜びをこのメンバーで分かち合えたこと、そして誰一人欠けることなく全員で日 本に戻って来れたことが何よりの幸せだと思います。

英語に関しても教科書に単語を並べ、単に覚えるよりも実際に使わざるを得ない局面に立たされたとき、人は成長できるということを実感した2週間でした。高 校生のこの貴重な時期にすばらしい体験ができたことを誇りに思うし、今後何かに迷ったとき、ここでの経験は糧になりゆくのではないかと思います。一生忘れ ることのない思い出を胸に刻むことができて本当に良かったです。

 

海外中期留学(3か月から1年間)

オーストラリア・クイーンズランド州政府教育省と提携し、オーストラリアでの留学プログラムを実施しています。現地の学生と一緒に授業を受け、実際の学校生活を体験します。留学期間中は一般家庭にホームステイします。現地では専門スタッフが常駐しており、日常的にカウンセリングやサポートを受けることができます。
この制度では、留学先の単位が認定されるので、1年間留学しても通常の3年間で本校を卒業することができます。なお、この中期留学の経験を活かし、外国語学部を有する大学へ進学した卒業生もいます。

PAGETOP